Bone and Joint Decade 運動器の10年 2000-2010
お知らせ 運動器とは 運動器の10年とは 世界の活動 日本委員会 日本の活動〜市民の活動 日本の活動〜市民の活動
運動器の10年とは



大人も知らないからだの本
大人も知らないからだの本
BJDバッジ頒布
基本理念
世界保健機関(WHO)の「BONE AND JOINT DECADE 2000-2010」に呼応し、世界各国と連携して、種々の原因による運動機能障害からの 開放を目指し、終生すこやかに身体を動かすことができる「生活・人生の質(QOL)」の保証される社会の実現を目指します。
趣旨
運動器の障害はその頻度が極めて高く、生活機能を低下させ、QOL(Quality of Life)の低下を来たし、さらに生命予後にも多大な影響を及ぼし、社会に与える負担が大きいにも拘らず、これまで社会的に重視されていないのが現状です。

しかしながら、運動器の病気や障害に悩み、苦しむ人達の数は多く、生活機能やQOLの観点から、また社会経済的の観点からも決して見過ごすことは出来ません。

たとえば、小児の運動機能障害、スポーツ外傷、四肢・脊椎の外傷、腰痛、関節痛(変形性関節症やリウマチ性疾患など)、骨粗鬆症とそれに伴う骨折、など、いくつかの病気を取り上げても、ほとんどの人は子供時代から高齢に至るまでのその生涯のなかで、なんらかの運動器に関する悩みや苦痛を経験し、持っているものです。
活動の目標
・運動器障害による病態に関する研究の推進
変形性関節症や慢性関節リウマチなどの関節疾患、腰痛を主とする脊椎疾患、骨粗鬆症、重度の外傷、 小児の運動機能障害と変形、などを当面の対象とします。
・運動器障害がもたらす苦痛とその医療費など社会的損失の評価とその対応
・個人の自立と尊厳という視点に立って運動器の重要性の評価
・運動器疾患を主要な対象とする学会や団体との連携による研究と開発の強化
・運動器疾患制圧の予防法や治療薬等の研究開発
・学会、患者団体、医療・福祉施設、スポーツ団体、などとの ネットワークの構築
・バリアフリーを目指す生活環境の確立
2000年−2010年にわたる10年間を世界的に集中して取り組んでいくことが、『運動器の10年』です。
「運動器の10年」パンフレット(PDF)
ページTOPに戻る
Copyright (c) 2016 Bone and Joint Decade. All Rights Reserved.