Bone and Joint Decade 運動器の10年 2000-2010
お知らせ 運動器とは 運動器の10年とは 世界の活動 日本委員会 日本の活動〜市民の活動 日本の活動〜市民の活動
お知らせ



大人も知らないからだの本
大人も知らないからだの本
BJDバッジ頒布
2016/04/14

平成28年度 ロコモティブシンドローム認知度調査実施と調査結果の報告

 運動器の10年・日本協会ではロコモティブシンドロームに関する認知度調査を行いました。詳細については下記をご覧ください。

調査概要
調査目的 :ロコモティブシンドロームの認知度、不安度、該当状況などを明らかにする。
調査対象 :マクロミルモニタ人口構成比と合わせた20代から60代以上の男女
調査地域 :全国
調査方法 :インターネットリサーチ
調査時期 :2016年3月15日(火)〜3月17日(木)
有効回答数 :10,000サンプル
調査主体 :公益財団法人 運動器の10年・日本協会


【ロコモティブシンドロームの認知度について】

 調査を行ったところ、全体では、言葉は聞いたことがある「認知」は47.3.4%、言葉の意味も知っている「理解」が19.9%であった。女性では年代が上がるほど認知が高まり、特に女性70歳以上では「認知」が74.1%、「理解」が42.4%に達していた。


Q: あなたは、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)という言葉やその意味を知っていましたか。




さらに詳細の調査については⇒ ココをクリック! ロコモティブシンドローム調査結果



ページTOPに戻る
Copyright (c) 2016 Bone and Joint Decade. All Rights Reserved.